スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経225ミニの株取引方法

通常の株式口座からは、日経225ミニの先物取引を行うことができません。

証券会社を選択して、日経225ミニの取引のために専用の口座を開設することで、先物取引を始めることができます。
このような専用の口座を維持するための手数料は、ほとんどの証券会社が無料としています。
日経225ミニの株取引を検討中の方でもとりあえず口座を開設してみて、操作画面の確認や口座を持っている人だけに提供されるサービスなどを受けてみるのもいいかもしれません。
ます、日経225ミニの取引が可能な証券会社を選んで、取引に必要な口座の開設のための申込用紙などを送付してもらいます。
インターネットを使えば、資料の請求申し込みは簡単にすることができます。
証券会社から送られてきた日経225ミニの申込用紙を使って、まず総合取引口座を開設します。
本人の確認に必要な書類は、証券会社によってすこしずつ違います。
郵送による受付だけでなく、FAXが使える会社もあります。
総合口座を開設したら、次に先物取引口座を開設します。
開設の申し込みは総合口座の場合と同じように行い、審査が通ったならば先物取引口座が開設される、というのが、取引開始までの一般的な流れとなります。
開設する口座は、大切な取引資金を預ける拠点になるわけですから、手続きに手間や時間がかかりますが、慎重に手続きを進めましょう。
スポンサーサイト

theme : 日経225先物・日経225mini売買報告
genre : 株式・投資・マネー

日経225ミニで先物取引

日経225ミニの取引は、先物取引と呼ばれる取引方法です。

先物取引は、将来のある時点をあらかじめ決め、現時点で事前に取り決めた価格で商品、株式、通貨などの現物を売買するという約束事から成り立っている取引です。
現在を3月とすると、2ヶ月後の5月に日経平均株価14.
000円で買う約束を取り決め、それに基づいた売買取引を現在時点で行うわけです。
株式や通貨といったものではなく、日経225ミニにおいては「現物」として日経平均株価の指数を扱います。
日経平均株価という、株価のように実在しているわけではない数字を用いて、日経225ミニの取引は行われます。
見方によっては、仮想の株取引とも言えます。
ミニのつかない日経225では指数の1.
000倍が、日経225ミニは指数の100倍が、それぞれ売買単位として使われています。
日経225ミニでは、3月、6月、9月、12月の第2金曜日を指定してあらかじめ約束を取り交わすことになっており、この4つの月は限月と呼ばれています。
限月にポジションを持っていた場合、SQ(特別清算指数)という値を使って第2日曜日の前日に清算が行われます。
その時点で、損が出ていようが益が出ていようが強制的に決済されてしまうのです。
もちろん最終日までポジションを保有し続けている必要はなく、その前に好きな時に決済取引をすることができます。
このような約束事を元に、日経225ミニの先物取引は行われています。

theme : 日経225先物・日経225mini売買報告
genre : 株式・投資・マネー

日経225ミニの魅力

日経225ミニはいろいろな魅力を持った商品です。

証拠金取引を行うことから、日経225ミニは少ない資金で始めることができ、個別に株の銘柄を選ぶ必要がありません。
日経平均が上がるか下がるかだけを考えて株取引ができます。
日経225ミニは日経平均株価のチャートだけを見ていればよく、個別の株を研究するためにさまざまなチャートを見る必要はありません。
通常の株取引では株の売りから取引を始めることはできないので、株価が下がりそうな時は、株を買わないという防御的な行動しか取れないのです。
信用取引を選んで売りから取引することもできますが、売買手数料以外に貸株料というお金がかかるだけでなく、銘柄も限られてしまいます。
日経225ミニは売り買い自在ですから、大幅な値下げの時でも差益が狙えるのが魅力です。
日経225ミニは少ない元手で取引ができる商品ですが、リスクを減らすために多めの資金を準備して取引をすることもできます。
日経平均の動きが予想と逆に動いたとしても、資金を多めに準備しておくことで、手持ちの資金を失うようなことなく余裕を持った取引をすることができます。
発生するリスクをコントロールできるという意味でも、日経225ミニは魅力ある取引と言えるのです。
現物株は会社毎の売買の量はそう多くないので、自分が求める値段でなかなか売買ができないことがあります。
一方で、取引されている量が多く、売り買いが常に行われている日経225ミニは、希望通りの値段で取引を成立させることが比較的容易であるという魅力もあります。

theme : 日経225先物・日経225mini売買報告
genre : 株式・投資・マネー

日経225ミニで株取引

日経225ミニとは、日経225先物取引のミニ版として登場した商品で、通常の10分の1の価格で取引を行います。

日経225ミニは、2006年から取り扱いが始まった、個別銘柄を研究して選ぶ手間を省くことができ少ない資金で取引することができる、シンプルさが売りの商品です。
日経225ミニは、それ以前から取引が行われていた日経225先物取引の小規模版として登場した商品であるため、「ミニ」と呼ばれています。
株価指数先物取引というタイプの金融商品で、日経平均株価という株価指数の変動を対象にして取引が行われます。
日経平均株価は、特定の企業の株価を指すものではなく、日本の株式市場全体の動きや流れを示すもので、新聞やニュースなどで毎日報道されているので誰でも目にすることができます。
東京証券取引所に上場している企業のうち主要225銘柄を対象として算出されるものが日経平均株価で、東証株価指数と並んで日本を代表する株価指数となっています。
日経平均株価の100倍を1枚とし、それを最小単位として取引を行うのが日経225ミニ取引です。
日経平均株価が14.
000円の時に取引するなら、日経225ミニを1枚の取引価格は14.
000円×100=140万円ということになります。
株式相場の変動によって日経平均株価が10円上昇した場合、1.
000円の利益が出ます。
利益を得るには、安価で買って高い値段で売るか、高い値段の時に売って安い値段で買い戻すかすることになります。
実際に取引する時に必要な資金ですが、そのまま140万円が必要かというとそうではありません。
50万円程度の資金が用意できていれば、レバレッジがきく証拠金取引であるため、取引を始めることが可能です。

theme : 日経225先物・日経225mini売買報告
genre : 株式・投資・マネー

プロフィール

hiyoko

Author:hiyoko
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。